ニキビとバリア機能

大人になってからも、ニキビができて困っているという人は意外と多いものでしょう。十代の頃であれば、ニキビができるのも分かるのですが、大人になってまでニキビで悩むことになるとは、誰もが思ってもいないことです。では、この大人ニキビの正体とはどのようなものなのでしょうか。

ニキビニキビは皮脂により、毛穴がつまり、そこへ雑菌が繁殖し炎症を起こすことでできるものです。つまり十代の頃にニキビがでやすいのは、この皮脂の分泌が多いためなのです。しかし大人になるにつれ、この皮脂の分泌量は下がっていくはずなのですが、それでもニキビはできてしまうのです。ただ、ここに大きな落とし穴があり、多くの人はそれを見逃しているのです。その落とし穴とは、実は乾燥肌なのです。カサカサの肌であれば、皮脂は少なくニキビができにくいと思われがちですが、乾燥肌だからこそニキビができやすいのです。

肌が乾燥すると、それ以上肌が乾燥しないように、肌は自己防衛のための皮脂を分泌するのです。ニキビには皮脂が大敵とばかり、洗顔をしつように行うことで、肌が乾燥し、その乾燥を防ぐために皮脂を分泌する、これが大人のニキビの仕組みなのです。肌は常にターンオーバーを繰り返し、新しい皮膚に生まれ変わっています。しかし、乾燥により肌が持つバリア機能が異常となり、それが結果的にニキビを作り出してしまうのです。このサイトは、大人になってからできるニキビと肌のバリア機能について説明します。

Pocket