保湿とバリア機能

大人になってからのニキビは、肌のバリア機能ととても深い関係にあります。バリア機能の低下、つまりターンオーバーが正常に行われなくなることで、ニキビができやすい肌環境になっているのです。このターンオーバーを正常な状態に戻すことで、ニキビは改善されることになります。

ターンオーバーを正常化するには、保湿が欠かせません。ただ、保湿といっても肌の表面のみをコーティングのように覆ってしまうだけでは、問題は解決しません。肌の奥深くまで浸透する保湿方法でなければ、基本的な解決にはならないのです。この保湿には、水分を保持する力の強い成分を補給する必要があります。

この保水力のある成分ですが、例えばヒアルロン酸やセラミドがそれに当たります。こういった成分は化粧品やサプリメントで補うことができますので、乾燥肌でありながらニキビに悩んでいる人は、これを試してみてください。肌が潤うことで、ターンオーバーは正常化し、それにより角質の働きが元の状態に戻り、そしてバリア機能の効果も保たれるわけです。ただ、肌の異常はストレスや日常生活の乱れ、偏った食生活が原因でも引き起こるものです。日頃から規則正しい生活を心がけることもニキビ予防には必要なことなのです。

ニキビとターンオーバー

ターンオーバー肌は加齢とともに、その働きも衰えていきます。その肌の最も重要な働きとして、バリア機能があります。肌のバリア機能とは、紫外線や細菌、ウイルスなど外部からの刺激や侵入を防ぐ役割のことです。また、肌の水分が蒸発するのを防ぐ役割もあります。こうしたバリア機能の衰えは、様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

バリア機能の低下による肌トラブルで最も多いのが、ニキビです。大人になってもニキビに悩んでいる人は、このバリア機能の低下が一つの原因と言えるでしょう。このバリア機能ですが、バリアの役割を果たしているのは皮膚の最も表面にある角層です。この角層が正常に機能していれば、外部からの刺激や侵入から肌は守られます。

ただ、何らかの原因によりこの角層の働きが鈍ることで、バリア機能が低下し、ニキビなどの肌トラブルを引き起こすのです。具体的には肌が乾燥することで、角質層がところどころ剥がれてしまい、それを補正するために肌はターンオーバーを行います。しかし、乾燥肌の場合、新しい皮膚ができてもまたすぐに傷ついてしまうため、ターンオーバーが異常をきたしてしまうのです。つまり乾燥肌のニキビ対策にはターンオーバーを正常にする必要があるのです。

ニキビと乾燥肌

十代の頃、ニキビで悩んだ経験を持っている人は多いものです。しかし、ニキビは若い世代だけの話ではありません。大人になっても、ニキビに悩まされている人は意外といるのです。イメージとしては、ニキビは脂性肌にできてしまうと思われがちですが、大人になってできるニキビは逆に乾燥肌が原因となるのです

原因ニキビは毛穴に皮脂がたまって、そのため毛穴がつまり、そこへ雑菌が繁殖し発生します。これだけ聞くと、脂性肌の人だけにニキビができるように感じますが、実際は乾燥肌の人もニキビになりやすいのです。皮膚は誰しもある程度の脂分を持っています。その脂分が充分に皮膚を覆っていると、肌の水分量は保たれ、脂の分泌も抑えられるのですが、乾燥していると、この乾燥を止めようと脂分が過剰に分泌されるのです

これが大人ニキビの正体で、ここを理解できていない人が多いため、逆にニキビを増やしてしまっているのです。つまり洗顔により皮脂を洗い流すことで、肌は乾燥していき、その乾燥を止めようと、肌は脂分を出し、それがニキビに繋がるという悪循環を引き起しているのです。大人ニキビは、しっかりとした対策をすれば治るものですし、防げるものでもあります。乾燥肌でもニキビはできる、このことをまずは理解してください。

ニキビとバリア機能

大人になってからも、ニキビができて困っているという人は意外と多いものでしょう。十代の頃であれば、ニキビができるのも分かるのですが、大人になってまでニキビで悩むことになるとは、誰もが思ってもいないことです。では、この大人ニキビの正体とはどのようなものなのでしょうか。

ニキビニキビは皮脂により、毛穴がつまり、そこへ雑菌が繁殖し炎症を起こすことでできるものです。つまり十代の頃にニキビがでやすいのは、この皮脂の分泌が多いためなのです。しかし大人になるにつれ、この皮脂の分泌量は下がっていくはずなのですが、それでもニキビはできてしまうのです。ただ、ここに大きな落とし穴があり、多くの人はそれを見逃しているのです。その落とし穴とは、実は乾燥肌なのです。カサカサの肌であれば、皮脂は少なくニキビができにくいと思われがちですが、乾燥肌だからこそニキビができやすいのです。

肌が乾燥すると、それ以上肌が乾燥しないように、肌は自己防衛のための皮脂を分泌するのです。ニキビには皮脂が大敵とばかり、洗顔をしつように行うことで、肌が乾燥し、その乾燥を防ぐために皮脂を分泌する、これが大人のニキビの仕組みなのです。肌は常にターンオーバーを繰り返し、新しい皮膚に生まれ変わっています。しかし、乾燥により肌が持つバリア機能が異常となり、それが結果的にニキビを作り出してしまうのです。このサイトは、大人になってからできるニキビと肌のバリア機能について説明します。