保湿とバリア機能

大人になってからのニキビは、肌のバリア機能ととても深い関係にあります。バリア機能の低下、つまりターンオーバーが正常に行われなくなることで、ニキビができやすい肌環境になっているのです。このターンオーバーを正常な状態に戻すことで、ニキビは改善されることになります。

ターンオーバーを正常化するには、保湿が欠かせません。ただ、保湿といっても肌の表面のみをコーティングのように覆ってしまうだけでは、問題は解決しません。肌の奥深くまで浸透する保湿方法でなければ、基本的な解決にはならないのです。この保湿には、水分を保持する力の強い成分を補給する必要があります。

この保水力のある成分ですが、例えばヒアルロン酸やセラミドがそれに当たります。こういった成分は化粧品やサプリメントで補うことができますので、乾燥肌でありながらニキビに悩んでいる人は、これを試してみてください。肌が潤うことで、ターンオーバーは正常化し、それにより角質の働きが元の状態に戻り、そしてバリア機能の効果も保たれるわけです。ただ、肌の異常はストレスや日常生活の乱れ、偏った食生活が原因でも引き起こるものです。日頃から規則正しい生活を心がけることもニキビ予防には必要なことなのです。

Pocket